HOME>





▼月刊Gift Premium 1月号 目次

年頭にあたって

10 2018年を振り返り2019年に向けて日本の課題を考える
(株)ビジネスガイド社 会長 芳賀久枝

12 ニッポンの新流通革命元年スタート
(株)ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享

ギフト問屋 新春インタビュー

15 特集 2019年新春ギフト問屋社長特別インタビュー
       様々な課題にどう対応を図っていくかが問われる年に
 
16 アピデ(株) 中村健輔社長
 
18 (株)三喜 三谷欣司社長
 
20 シャディ(株) 飯野信和社長
 
22 東栄産業(株) 高田秀寿社長
 
24 (株)ハリカ 原口昭子社長
 
26 リンベル(株) 東海林秀典社長
 
28 (株)ロワール 梶村正也社長

年頭所感

46 2019年を迎えて 業界人の年頭所感(順不同)

  協同組合ギフト用品卸販売二十一世紀
  代表理事 高村光男氏

  一般社団法人全日本ギフト用品協会
  会長 板川信夫氏

  福井県贈答品業協同組合
  理事長 坪田平八郎氏

  日本贈答文化協会 理事長
  板川信夫氏阜県関刃物産業連合会 会長 鈴木良春氏

  今治タオル工業組合
  理事長 井上裕基氏

  一般社団法人日本プロモーショナル・マーケティング協会
  理事長 岸直彦氏

  公益社団法人日本通信販売協会
  会長 阿部嘉文氏

商品特集

36 こころと身体の充足、人のつながり・・・健康でアクティブな暮らしのために!

トップインタビュー

56 専門性×組み合わせ×リアル店舗
  (株)エトワール海渡 代表取締役社長 早川謹之助氏

59 エシカルカンパニーとしてのチャレンジを続けていきます。
  (株)生活の木 代表取締役 重永忠氏

主催展示会

14 第1回京都インターナショナル・ギフト・ショー2019 注目企画などを紹介

30 第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019

40 ギフト・ショー春2019のパビリオンでビジネスマッチングを実施!
  都内中小企業の海外展開を支援する「TokyoSME」

52 「中小企業世界発信プロジェクト2020」
  東京ビジネスフロンティアin第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019

調査

51 2019に周年記念を迎える企業

76 2019年のハロウィン参加意向は50%以下に

77 ロフトで見る2018年に流行ったもの

特集

44 改元、オリンピックと変更続く祝日がカレンダー業界に与える影響

ショップ・商業施設

32 こだわりのShopをセレクト
  東急ハンズ渋谷店「アガる!STUDIO」

35 若者・女性の開業を支援するショップ!
  「東京都チャレンジショップ創の実 吉祥寺」オープン!!

カンパニー

75 個々の消費者に合ったコンテンツとは!? (株)プラタ

連載

64 ギフトECサイトの処方箋
  第69回2019年注目の「小売を変えるテクノロジー」
  (株)エンファクトリー執行役員副社長 清水正樹氏

67 生活の木

68 プロムナード

72 ショップデータ

78 業界関連ニュース

▼月刊Gift Premium 1月号 記事詳細

特集 2019年新春ギフト問屋社長特別インタビュー
様々な課題にどう対応を図っていくかが問われる年に

新年恒例となった「新春ギフト問屋社長インタビュー」は、今年も東西の大手ギフト問屋の社長7人に昨年を振り返っての感想やビジネスの現状、そして今年の展望等をうかがった。今回は、それぞれの社長とも2019年はどう打開を図っていくのかが問われる。各社長のご意見をうかがった。

こころと身体の充足、人のつながり...健康でアクティブな暮らしのために!

 
いま、暮らしを満たしてくれる本当に必要なものは…?今回は、人と人との交流、人と社会との関わりをテーマに、“ナチュラルなライフスタイル”、“エシカルでサスティナブルな暮らし方”の2つの視点で、“健康でアクティブな暮らし”をおくるために気を配られた製品を集めて紹介する。

人と人との交流を深める、ヘルシーでスポーティ、ナチュラルな暮らしを提案する商品をPickUp。さらに、人と社会との関わりをテーマに、生産者や地域との関わりに気を配った商品、環境に優しい持続可能な社会作りに寄与するものなどにも着目。前回のギフト・ショーの会場でも、注目度の高かったアイテムを中心にご紹介する。

改元、オリンピックと変更続く祝日がカレンダー業界に与える影響

皇太子さまが即位される2019年5月1日と、即位を公に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日を2019年に限り祝日とする法律が2018年12月8日に参議院本会議に提出され成立した。これにより2019年のゴールデンウイークは10連休と未曾有の長さになる。

また2020年には東京オリンピック開催に合わせ7月24日前後が4連休、閉会式がある8月9日前後が3連休になる。これは20年に限り「海の日」(毎年7月第3月曜日)、「山の日」(8月11日)、「体育の日」(10月第2月曜日)を移動させて五輪開催に合わせることを盛り込んだ改正東京五輪・パラリンピック特別措置法によるものだ。また体育の日は20年から「スポーツの日」に名称が変わり、21年以降も継続されるという。

こうした影響を直接的に受けるのがカレンダー/ダイアリー業界である。そこでカレンダーメーカーのトーダンに取材、改元や祝日法改正による影響や最近のカレンダー業界について話をうかがった。

▼広告掲載社様

◆ 月刊Gift Premiumのご案内 ◆

月刊Gift Premiumは、1971年の創刊以来、ギフト・マーケットの動きや潮流を伝え続け、ギフトビジネス のプロの人たちに支持されてきました。月刊Personal Giftとの統合により編集記者の人数が増え、より洞察力のあるジャーナリステックな特集を組むことに成功。誌面を面白くする範囲が大きく広がり、“ギフト”をキーワードに流通市場の難題解決や雑貨バイヤー達のモチベーションアップについて取材。流通業者、ショップ経営者に向けて発信します。

ビジネスギフト、法人ギフト、冠婚葬祭ギフト、中元・歳暮、シーズナルギフト、そして、ハロウィンやバレンタインの最新商品、パーソナルギフトの流通・消費者のライフスタイルを伝えていきます。
 
毎月1日 発行 (100~120P)
A4国際版 (280×210mm)

購読期間 1年 2年  3年
月刊Gift Premium ¥10,000 ¥18,000 ¥27,000

※総て税・送料込みの金額となります。
※1 冊1,000円(税込)で販売致しております。

おすすめ書籍

新しい「顧客創造」はギフトでできる

menu






fujisan.co.jp

▲クレジットカードまたはコンビニ払いをご希望の方は、富士山マガジンサービスをご利用下さい。