HOME>





▼月刊Gift Premium 12月号 目次

Living with Art アート商材のクロスオーバー流通

10 日本で何故、アートが普及しないのか?

12 我々は、“アートのSPA的企業”です。
  (株)アートプリントジャパン 取締役副社長 吉田昌弘氏

14 インテリア雑貨という感覚でアートを販売しています。
  (株)デザインフィル 専務取締役 豊田栄一氏

16 アーティストとして、店舗を通じて“表現”しています。
  村上美術(株) 代表取締役/アーティスト 村上周氏
 
18 LIFE with PHOTO アートフォトのある暮らし、はじめてみませんか?
  YELLOW KORNER

ソーシャルギフト

28 PIショーに出展して ~出展企業が語る専門展示会の魅力、ウラばなし~
  コンビニ商品など多種多様なギフトアイテムを提供
  手軽に導入できるデジタルギフト「dgift」を展開 (株)デジマース

30 2018年 百貨店(東京都内)のお歳暮企画
   MD・特集・別冊カタログの実力、成熟したインターネットの牽引力

34 (一社)全日本ギフト用品協会
  ギフトラッピング&ペーパークイリング第2回作品展を開催

35 日本贈答文化協会が第10回定期総会を開催

36 最新婚礼データファイル2018

38 最新「仏事ビジネス」事情Dataバンク2018

商品特集

53 Premium Gift

58 健康グッズ、ヘルスケア・アイテム特集

ショップ・商業施設

44 「NOHGA HOTEL UENO」(ノーガホテル上野)誕生!!
  地域文化の発信と体験を提供!地元とともに歩むホテル
 
46 キデイランド三宮店、スヌーピータウンショップ三宮店、
  神戸・三宮センター街に11月1日、同時オープン

48 こだわりのShopをセレクト 紙モノ雑貨店ぺぱむら

77 「msb Tamachi 田町ステーションタワーS」商業ゾーン オープン!

78 GINZA SIXが「銀座のバレンタイン4大トレンド」を発信

主催展示会

40 第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019

42 第1回京都インターナショナル・ギフト・ショー2019
  詳細が続々決定!

海外展示会

8 最大規模の展示会 IHGFデリー・フェア2019春

9 世界最大の玩具見本市 第70回シュピールヴァーレンメッセ

20 クリエイティブ、イノベーション、オリジナリティが合言葉
  バンコクで開催の「STYLE October2018」は
  ASEANでますます重要な展示会に

イベント

43 第3回ホームステージングコンテスト開催
 (一社)日本ホームステージング協会

62 秋晴れのなか「CRAFTSMANS’DAY」大川市にて初開催

74 2018年度グッドデザイン賞の
 「大賞」「金賞」「グッドフォーカス賞」が決定!

75 ASEANの国々から新たな息吹き!!
  デザインで社会貢献や課題解決に取り組む!
  「2018年度グッドデザイン賞」受賞

76 フィリピンデザイン展「Go Lokal!」開催される
  伝統とモダンの融合!フィリピンの新たな魅力を紹介

77 マークスタイルトーキョー パリ ル・マレ店が
 「Paris Shop & Design 2018」を受賞

85 ぬいぐるみ主力メーカーが展示商談会を開催

カンパニー

54 運送費の値上げに伴う流通業者の現状 (株)プラタ

73 San-X2018 Character's Fair

84 専門メーカーならではのチョコレートギフト 芥川製菓(株)

調査・データ

26 インポートブランド市場はマーケットの活性化が続く

72 「お盆玉」の認知度40%に近づく

連載

50 ギフトECサイトの処方箋
  第68回「WEBで売れる高額ギフト」
  (株)エンファクトリー 執行役員 副社長 清水 正樹氏

55 アメリカ小売業最新事情
  第18回「独自化戦略で戦わずして勝つスーパーマーケット・トレーダージョーズ」
  (PartⅢ)
  Excell-K 国際流通コンサルタント
  (株)ドムス・インターナショナル代表 松村清氏

64 ショップデータ

67 生活の木

68 プロムナード

79 業界関連ニュース

▼月刊Gift Premium 12月号 記事詳細

Living with Art
アート商材のクロスオーバー流通

日本は世界でも有数の“美術好き”の国民である。しかし、アートの展示会に足を運ぶ人がいくら増えても、それで部屋を飾るという人が増えないと、“普及”はしない。日本におけるアートの文化度の低さが、“インテリアとしてのアート”、なかなかそこに踏み込んでいけない。都会の多くの人が住む賃貸では家の壁に穴を開けることができないということもあるが、なら絵を床においてもいい。壁に飾るだけだと限定的になってしまう。

日本人は、とにかくアートで身の回りを飾るということに“自信”を持つことが必要なのかもしれない。例えば、海外のオフィスに行くと机に家族の写真を10枚飾っている。そこには何のてらいもなく、ごくごく自然。同じように壁には絵や写真を大量に飾っている。

今後、使われ方の多様化による市場の拡大に寄与しているのが、今回とりあげた「アート流通のクロスオーバー」を行う業者がその“主役”なのだ。

2018年、百貨店(東京都内)のお歳暮企画
MD・特集・別冊カタログの実力、成熟したインターネットの牽引力。

ギフト専門店、百貨店、量飯店、コンビニエンスストア、和菓子・洋菓子店、青果店、カフェ、レストラン、アンテナショップ、セレクトショップ、高速のSA・PA……、そしてインターネット販売。
 
「お歳暮」という名称で商品を提案販売する店が購入できる場所が増え、いつでもどこででも購入できるから、慌てて購入しなくてもいい、もしくは、どこで購入すればいいか分からない、というのが一般的な消費者の正直な気持ちではないだろうか。おそらく、11月末から12月頭になってから焦って検討する人が多いように思う。
 
しかし、お歳暮を販売する店が増えた今でも、商品内容や品質と値段に関しては、百貨店が頂点。全ての小売業のお手本となっているといってもよいだろう。
 
今年は、首都圏でお歳暮ギフトセンターを開催している百貨店の「お歳暮」の商品と販促政策について、お歳暮カタログとニュースリリースを基にレポートする。 

健康グッズ、ヘルスケア・アイテム特集

今回は、日々の体の健康にプラスになる製品を集めてご紹介。健康器具、軽運動器具、ウェア、ケア用品などの分野に注目。ライフスタイル提案型の雑貨店などでも扱えるアイテムをピック・アップしてみた。 

▼広告掲載社様

◆ 月刊Gift Premiumのご案内 ◆

月刊Gift Premiumは、1971年の創刊以来、ギフト・マーケットの動きや潮流を伝え続け、ギフトビジネス のプロの人たちに支持されてきました。月刊Personal Giftとの統合により編集記者の人数が増え、より洞察力のあるジャーナリステックな特集を組むことに成功。誌面を面白くする範囲が大きく広がり、“ギフト”をキーワードに流通市場の難題解決や雑貨バイヤー達のモチベーションアップについて取材。流通業者、ショップ経営者に向けて発信します。

ビジネスギフト、法人ギフト、冠婚葬祭ギフト、中元・歳暮、シーズナルギフト、そして、ハロウィンやバレンタインの最新商品、パーソナルギフトの流通・消費者のライフスタイルを伝えていきます。
 
毎月1日 発行 (100~120P)
A4国際版 (280×210mm)

購読期間 1年 2年  3年
月刊Gift Premium ¥10,000 ¥18,000 ¥27,000

※総て税・送料込みの金額となります。
※1 冊1,000円(税込)で販売致しております。

おすすめ書籍

新しい「顧客創造」はギフトでできる

menu






fujisan.co.jp

▲クレジットカードまたはコンビニ払いをご希望の方は、富士山マガジンサービスをご利用下さい。