HOME>





▼月刊Gift Premium 11月号 目次

第54回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2016
バイヤーズガイド

8 主催社挨拶 「プレミアム・インセティブ・ショー」は、
  来春より東京ギフト・ショーと同時開催で30万人の来場者を見込んでおります。
 (株)ビジネスガイド社代表取締役社長 芳賀信享
 
10 ITを活用したプロモーションビジネスの現状と課題
  一般社団法人日本Web協会専務理事 岸良征彦氏
 
12 第54回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2016
  “販促キーワード”の提案コーナー、今回の注目キーワードは“ロボット”
 
13 第55回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2017
    2017年2月8日(水)・9日(木)・10日(金)の3日間、
    東京ビッグサイト西3・4ホールにて盛大に開催!
 
16 PIショーテーマ関連販促用語集
 
20 第54回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2016
  注目の出展社紹介コーナー

海外ギフト最新事情

33 インドトレンドフェア 2016

34 旧Macefの伝統を受け継ぎながらも、
  流通チャンネルの変化に対応した
  新たな“ライフスタイルトレードショー”HOMI MILANO

49 豊かな自然と製法から生み出されたmade in Thailand商品が集結
   タイ国アクティブシニア製品展示商談会 in 大阪

ソーシャルギフト

54 日本贈答文化協会が第8回定時総会を開催
   総会後のパネルディスカッション
  「これからのギフト業界の戦略~このままでは消滅するギフト店~」

58 (株)藤田商店がライフスタイルの提案ができる刺激的な商品の販売を開始
(2016年夏~)Yogibo(ヨギボー)

企業、カンパニー

42 「TOC五反田メッセ」がオープン 新時代の流通業の仲立ちのスタンスを追求

48 テーマは “驚き・喜び・新発見! お宝商材、大発掘!”
   「第103回エコール秋の大見本市」盛大に開催される

64 考証・21世紀型ギフト&雑貨の成長戦略
   メーカー機能とE-コマースの2刀流で業績を伸ばす(株)プラタの秘密!?

68 レインボーベアが100柄目に!記念のキャンペーンを実施
  (株)エトワール海渡

ショップ、商業施設

60 日々の暮らしの中で輝く「手仕事」と「ものづくり」を紹介!
   松屋銀座 「銀座・手仕事直売所」

冠婚葬祭

70 ブライダルあらかると

バイヤー必見の業界展示会

50 第56回大阪インターナショナル・ギフト・ショー秋2016が開催される

連載

30 ギフトECサイトの処方箋
    第43回 プロモーションミックスを実現する「マーケティングオートメーション」
   (株)エンファクトリー 執行役員 副社長 清水正樹氏
 
44 雑貨百案其の百三
    あの手この手の認知>集客>売上拡大 ~雑貨店の販売促進の全て2016~
  雑貨コンサルタント富本雅人氏

66 シェリーの中国レポート Vol.24

69 生活の木

72 関連展示会情報 

▼月刊Gift Premium 11月号 記事詳細

第54回東京インターナショナル
プレミアム・インセンティブショー秋2016
ITを活用したプロモーションミックスが成功の秘訣

“販促キーワード”の提案コーナー、今回の注目キーワードは“ロボット”
今回のPIショー、ノベルティ・販促ルール・サービスが一堂に会する展示会であり、ネットでは意外に見つからない販促好適品が揃う。
集客・販促に役立つPOP、印刷サービスを会場で発見。定番の文具・日用品から食品・オリジナル製品まで見応え十分。
特別企画展示「販促キーワード提案コーナー」の“ロボット”も大いに注目を集めそうだ。

旧Macefの伝統を受け継ぎながらも、流通チャネルの変化に対応した新たな“ライフスタイルトレードショー” イタリア 「HOMI」

“家の中”と、ライフスタイルそのものを10のヴィジョンに分けて提案するインテリアの総合見本市「ミラノ・ホーミ(HOMI)」が、2016年9月16日(金)~19日(月)にイタリア、ミラノで開催された。
50年以上前から「マチェフ」として日本にも馴染みの深い展示会であるが、2014年より、運営組織が大きく代わり、新体制でスタートしている。
生活の中の“デザイン”。ビジネスにおける“デザイン”。そのシナジー効果を生み出す、世界的に影響力のあるインテリアの総合見本市である。

▼広告掲載社様

◆ 月刊Gift Premiumのご案内 ◆

月刊Gift Premiumは、1971年の創刊以来、ギフト・マーケットの動きや潮流を伝え続け、ギフトビジネス のプロの人たちに支持されてきました。月刊Personal Giftとの統合により編集記者の人数が増え、より洞察力のあるジャーナリステックな特集を組むことに成功。誌面を面白くする範囲が大きく広がり、“ギフト”をキーワードに流通市場の難題解決や雑貨バイヤー達のモチベーションアップについて取材。流通業者、ショップ経営者に向けて発信します。

ビジネスギフト、法人ギフト、冠婚葬祭ギフト、中元・歳暮、シーズナルギフト、そして、ハロウィンやバレンタインの最新商品、パーソナルギフトの流通・消費者のライフスタイルを伝えていきます。
 
毎月1日 発行 (100~120P)
A4国際版 (280×210mm)

購読期間 1年 2年  3年
月刊Gift Premium ¥10,000 ¥18,000 ¥27,000

※総て税・送料込みの金額となります。
※1 冊1,000円(税込)で販売致しております。

menu






fujisan.co.jp

▲クレジットカードまたはコンビニ払いをご希望の方は、富士山マガジンサービスをご利用下さい。