HOME>





▼月刊Gift Premium 2月号 目次

Premium特集

6 心ときめくエグゼクティブ、特別な日に贈るとっておき
   プレミアムギフトの魅力を探る
7 第55回日本クラフト展 ー暮らしが選ぶクラフトー
8 現代美術の最高峰ニューヨーク近代美術館「MoMA」ミュージアムショップの
   マーチャンダイジング
10 心を豊かにしてくれる“高級(プレミアム)”なアイテム
18 チョイスギフト(=カタログギフト)に見るプレミアム
   「高額ギフト=お金」に換わるギフトとして高額価格帯が充実
  なかでも体験型ギフトの伸びが顕著 リンベル(株)
20 販促に直接貢献するインセンティブの現状
   現金やツアー、高額・高級品などのプレミアムを報奨として授与
22 販促・ギフト関連用語集

ビューティー&ヘルス特集

35 活況を呈する理容・美容事業マーケット
36 新年賀詞交歓会を浅草ビューホテルで1月5日に開催
   創業85周年の感謝と100周年に向けた決意を語る
   滝川株式会社 代表取締役社長 滝川 睦子氏
38 全国のサロンの為になる、本質的なサービスを深く考えた営業
   株式会社ガモウ 代表取締役執行役員会長 蒲生 茂氏
40 創業70年。今年は美容業界で全国区の商社として確固たる存在感を示す勝負の年
   株式会社ダリア 代表取締役社長 高木 進一氏
42 ギフト・ショータイアップ企画
   コスメ売り場以外でも売れる商品、ギフトできる商品が続々と誕生!

インタビュー

48 2016年は「オリジナル商品力」と「問屋機能」の徹底強化をはかります。
   (株)エトワール海渡 早川 謹之助氏

連載

26 新連載!アメリカ小売業最新事情  第一回習慣型購買を強化する米国小売業
   Exell-K (株)ドムス・インターナショナル 代表 松村 清氏
15 ギフトECサイトの処方箋~WEBギフト販売テクニック&トレンド紹介~
   第35回百貨店のプレミアムECへの挑戦
   (株)エンファクトリー執行役員 副社長 清水 正樹氏
58 雑貨百案 其の九十四
  「つくる」「仕入れる」「売る」雑貨ビジネスのアイディアソース
   全国のいいね!が集結 -中小企業総合展inGiftShow-
   雑貨コンサルタントがセレクトした10商品
   雑貨コンサルタント 富本 雅人氏

ギフト問屋カタログ

52 2016年ギフト問屋の総合カタログ(18社)
   あらゆるニーズに応えるギフトの百科事典

イベント

29 第14回全国高等学校ビジネスアイデア甲子園最終審査&表彰式を開催
   主催:大阪商業大学 毎日新聞社
57 日本通信販売協会(JADMA)新年賀詞交歓会開催

カンパニー

51 イースターに店頭を楽しくする提案 (株)シモジマ
89 東急プラザ銀座、2016年3月31日開業

リテールプロモーション

76 SALES SUPPORT 売り場の販促のポイント
66 私が店長(オーナー)です ~こだわりのShopをセレクト~
   マルクス オーナー 久保田 直さん

販売促進

62 Makuakeから生まれる新たなプレミアムギフト
64 よくわかる景表法「懸賞」のあらまし
    「オープン懸賞」「クローズド懸賞」から「一般懸賞」「共同懸賞」「総付景品」まで
71 第52回 インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2015
   来場者アンケート集計結果より見る販促情報
78 今月のプレミアムキャンペーンの裏側&プレミアム事例週

バイヤー必見の展示会紹介

68 第81回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 春2016
69 第55回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 春2016
70 第53回 インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 春2016

77 生活の木
84 新製品紹介(ギフトプロムナード)
74 ショップデータ
88 関連展示会情報
90 業界関連ニュース

▼月刊Gift Premium 2月号 記事詳細

BEAUTY&HEALTH特集
活況を呈する理容・美容事業マーケット。個人使用向けにも優れた商品が続々登場

消費リーダーのトップが専業主婦から働く女性に変わったと言われて久しい。彼女たちの必須ニーズは、仕事とプライベートを自分らしく両立していくことだ。仕事内容は男性と変わらない女性がいまや大半である。しかし大きく変わるのが「若さと美しさ」を保つための自己投資だろう。
どんなに忙しい毎日でも欠かさず行うスキンケアやメイク。そのマーケットにはいま、自然、健康、安心安全、時間短縮など、消費者ニーズに応える新商品が目白押しに登場している。
一方、美容サロンやエステティックサロンで美と健康を増進する人達は多く、潜在ニーズをも含めると、巨大なマーケットが存在することは明らかである。
『月刊GiftPremiun』初の「ビューティ&ヘルス特集」では、理容・美容業界の大手ディーラーのトップが語るマーケットの現状と展望を取材した。
また42~45ページで「ビューティー&ヘルス」の商品特集を行う。掲載した商品の製造および発売元は、『月刊GiftPremiun』の発行元である㈱ビジネスガイド社が主催する「東京インターナショナルギフト・ショー」への出展企業から、編集部がセレクトさせていただいた。

PremiumGift
心に響く高級品(プレミアム)。暮らしを豊かに彩るアイテム

 
「高級」という単語を辞書で引くと、「階級や地位、程度や品質が高くすぐれていること。また、そのさま」等と定義される。ひと言で“高級”といってもいろいろな切り口があるだろう。
暮らしを提案する高級品とは、ステータスの高いブランドや、いたずらに価格が高価なモノ、あるいは超高級なラグジュアリーブランドだけではない。もっと日々の暮らしに溶け込み、長く付き合っていけるモノであるはずだ。
言い替えればクオリティの高い“一生モノ”が、それを使う私たちのライフスタイルを作ってくれる。価格やブランド性よりも、使って本当に“良い”と実感できるものが、高級品と言えるだろう。
長く使いたい商品、一生に一度は使ってみたい商品。贈り物としても、自分へのご褒美にもふさわしい逸品。そうした上等で上質な“プレミアム性”のあるモノ。ライフスタイルを提案するタイプのセレクトショップや雑貨店で扱える“高級なモノ”に焦点を当ててみた。

▼広告掲載社様

◆ 月刊Gift Premiumのご案内 ◆

月刊Gift Premiumは、1971年の創刊以来、ギフト・マーケットの動きや潮流を伝え続け、ギフトビジネス のプロの人たちに支持されてきました。月刊Personal Giftとの統合により編集記者の人数が増え、より洞察力のあるジャーナリステックな特集を組むことに成功。誌面を面白くする範囲が大きく広がり、“ギフト”をキーワードに流通市場の難題解決や雑貨バイヤー達のモチベーションアップについて取材。流通業者、ショップ経営者に向けて発信します。

ビジネスギフト、法人ギフト、冠婚葬祭ギフト、中元・歳暮、シーズナルギフト、そして、ハロウィンやバレンタインの最新商品、パーソナルギフトの流通・消費者のライフスタイルを伝えていきます。

毎月1日 発行 (100~120P)
A4国際版 (280×210mm)

購読期間 1年 2年  3年
月刊Gift Premium ¥10,000 ¥18,000 ¥27,000

※総て税・送料込みの金額となります。
※1 冊1,000円(税込)で販売致しております。

menu






fujisan.co.jp

▲クレジットカードまたはコンビニ払いをご希望の方は、富士山マガジンサービスをご利用下さい。