2015年10月号 NO.545

今月は『月刊ぎふと』と第52回プレミアム・インセンティブショー秋2015の『BUYER'S GUIDE』との合本となるため、通常の『月刊ぎふと』とは表紙パターンも異なった物となっている。
表紙掲載商品は今回の展示会に出品されるものである。

▼表紙に掲載した商品のお問い合せ先

●ララ・オンリータンブラー
(株)イモタニ
Tel.072-992-9981

●契約ふせん(横書き、縦書き)
実用新案本舗/AD 印刷(株)
Tel.03-3357-5777

●リアルなコサージュ
インスタイル(株)
Tel.0794-87-6060

●オリジナルトランプ
(株)田中紙工
Tel.03-3966-4892

●ポリパル(頭と手が動く人形)
大同紙工印刷(株)
Tel.052-792-8841

●筆記具
(株)クロス・オブ・ジャパン
Tel.03-6264-9692







目次


社長インタビュー プレミアム・インセンティブショーの魅力と役割
小売業を対象にした新アワードを設定、出版社が行う展示会の強みを活かした情報発信を行う
(株)ビジネスガイド社代表取締役社長 芳賀信享

11
LinkIcon第52回プレミアム・インセンティブショー秋2015
注目の出展社紹介コーナー

20
PICK UP! 注目の販促商品・サービス

23
注目の第1回リテールプロモーションアワード開催!

24
インタビュー
めまぐるしく変化する小売りを取り巻く状況に合わせ会員に様々な情報やサービスを提供
日本小売業協会 専務理事 岡部義裕氏

28
テーマ関連インタビュー
ネットに勝つ! 小売最前線のシニア対応とは!?
鈴木準氏 (株)ジェイ・ビーム 代表取締役 マーケティングコンサルタント

30
販促につながる広報の極意 中小企業の広報対策で必要なのは経営者の“情熱”だ!
山見博康氏 山見インテグレーター(株)代表取締役 広報PR・危機対応コンサルタント

32
東映(株)宣伝部の元部長が語るアニメ・キャラクターの揺籃期における映画プロモーション戦略
福永邦昭氏 プロモーションプランナー

36
今、顧客にいちばん近づくために何が必要か。
黒澤晃氏 クリエイティブコンサルティング/コピーライター

42
日本贈答文化協会が第7回定期総会を開催
贈答文化の啓蒙につなげる「贈答アドバイザー検定」、販促力アップに向けた「ラッピング講習会・試験」を強化する

45
一般社団法人 機能性健康米協会 セミナー「お米の魅力再発見」を開催

46
LinkIcon2015年中元商戦の結果 ギフト問屋&ギフト小売店
客単価減少を新規客獲得で補う問屋。贈り先減少に歯止めがかけられない小売店

48
2015~2016年チョイスギフト特集
最新チョイスギフト一覧 31社84商品のコース名、商品点数、特徴を掲載!

62
ハリカ秋冬商品・企画見本市開催 テーマ:こだわりギフト第2章

63
インバウンドビジネスの展望 景気の活性化に寄与する訪日外国人観光客の消費動向

64
第80回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2015結果速報

67
9月13日 秋葉原「日本百貨店しょくひんかん」内に滋賀県コーナーがオープン

70
業界ニュース

79
第52回プレミアム・インセンティブショーバイヤーズガイド

80
第52回プレミアム・インセンティブショー秋2015出展社リスト

88
商品ジャンル分類

89
商品ジャンル別索引

95
ビジネスガイド社が主催する見本市スケジュール

96
会場図

104
奥付

第52回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2015
注目の出展社紹介コーナー

今回の展示会における注目の商品・サービスを一挙公開!
毎回プレミアム・インセンティブショー(以下PIショー)では、様々な企業がユニークな商品や新しいサービスを来場者に向け展示、紹介している。ここではその一部を紹介していく。
会期前に商談計画の一助として、会期中のお供に、会期後にリストと合わせて見逃した商材を探す際など有効に活用していただきたい。

2015年中元商戦の結果 ギフト問屋&ギフト小売店
客単価減少を新規客獲得で補う問屋。贈り先減少に歯止めがかけられない小売店


 厳しい商戦であったが、新規の卸し先を獲得することで、前年比プラスを維持した問屋が目立つ。
 最多販売価格帯は3000円~5000円が一番多かった。それより下回る問屋は、法人への卸が多いという共通点がある。
 人気商品は夏の定番品、素麺、飲料、スイーツ、フルーツである。定番品以外の人気商品は産直品であるが、産直品のなかの上位商品はすでに定番となった感のあるスイーツや果物だ。ただし、そうした全体的な傾向とは異なる結果もみられる。
 本誌では各問屋からのアンケート回答を要約し紹介している。


◆ 月刊Gift Premiumのご案内 ◆

月刊Gift Premiumは、1971年の創刊以来、ギフト・マーケットの動きや潮流を伝え続け、ギフトビジネス のプロの人たちに支持されてきました。月刊Personal Giftとの統合により編集記者の人数が増え、より洞察力のあるジャーナリステックな特集を組むことに成功。誌面を面白くする範囲が大きく広がり、“ギフト”をキーワードに流通市場の難題解決や雑貨バイヤー達のモチベーションアップについて取材。流通業者、ショップ経営者に向けて発信します。

ビジネスギフト、法人ギフト、冠婚葬祭ギフト、中元・歳暮、シーズナルギフト、そして、ハロウィンやバレンタインの最新商品、パーソナルギフトの流通・消費者のライフスタイルを伝えていきます。

毎月1日 発行 (100~120P)
A4国際版 (280×210mm)

購読期間 1年 2年  3年
月刊Gift Premium ¥10,000 ¥18,000 ¥27,000

※総て税・送料込みの金額となります。
※1 冊1,000円(税込)で販売致しております。

menu






fujisan.co.jp

▲クレジットカードまたはコンビニ払いをご希望の方は、富士山マガジンサービスをご利用下さい。