2015年6月号 NO.541

総合カタログ「SUNFUNNY」をメインに
様々なギフトシーンに対応!
 株式会社三喜の総合ギフトカタログ「SUNFUNNY(サンファニー)」は2015年度も地球環境に貢献するため、カーボンオフセットを実施。全商品にカーボンオフセットがついているので、全ての商品がエコ商品です!巻頭特集は話題の家電やこだわりの食器やタオルなど、思わず贈りたくなるような商品を集めた「TOTTEOKI SELECTION」。2015年度は、各カテゴリーページにも「HANAMARU SELECTION」ページを設け、巻頭特集では紹介しきれないオススメの商品をピックアップ!もちろん、特集ページ以外にも様々なニーズに応える商品を掲載しています。毎年欠かせない予算別ページでは、「チョットいいかも」コーナーと題し、便利な商品や話題の商品を掲載。ボリュームのある予算別ページはとても好評です。
 2015年より本格稼働したギフトカード「ふくふく」は、約一万点以上の商品のなかから、専用サイトでログインし、保有ポイント内で好きなアイテムを好きなだけ選べる新しいギフトカード。ギフトカードをオリジナルデザインで作れたり、商品申し込みの専用サイトも商品の絞り込みや追加掲載ができたりカスタマイズが自由自在なので、贈る側もとても便利。好みのアイテムが選べて申し込みも簡単なので、贈られた方にも喜ばれます。
 SPグッズの決定版、「SP-EYEカタログ」では全てオリジナル対応可能な商品を掲載!「防災用品カタログ」は、ご好評いただき今年でvol.15を迎えました。感謝の心をかたちに残す「アニバーサリーカタログ」では、企業の節目の誕生日ともいえる記念事業である周年事業にピッタリの商品を集めました。
 総合カタログ「SUNFUNNY」をメインに、新しいギフトカード「ふくふく」、目的別カタログ「SP-EYE」「防災用品カタログ」「アニバーサリーカタログ」、「お中元」「お歳暮」カタログで様々なギフトシーンに対応していきます。

問い合わせ先

株式会社三喜
〒130-8655
東京都墨田区本所3の6の6
TEL:03-3624-9522
LinkIconhttp://www.sunfunny.co.jp






中元

LinkIcon●2015年主要ギフト問屋の中元企画
涼感と迫力のある夏ならではのグルメ特集で、食欲と贈る意欲を刺激!

販促

LinkIcon●今こそ女性向けセールスプロモーション戦略に注目!
女性向け販促は市場活性化の起爆剤として大きな期待が

●PIショー女性セミナーより「女性目線で考える『リアル店舗』への集客術」
 女性視点の販促プランニング「ブルーデイジー」代表 河合ミチコ氏

●注目される女性向け販促品の潮流 女性をターゲットに市場は活性化

●第51回PIショー春2015「来場者アンケート」分析

●第53回大阪ギフト・ショー「販促品アンケート」分析

●今月のプレミアムキャンペーンの裏側&プレミアムキャンペーン事例集

好評連載!

●ギフトECサイトの処方箋
~WEBギフト販売テクニック&トレンド紹介~
第27回 第二創業で見出した新しいネットショップ経営
【桃源郷社長インタビュー・後編】
清水正樹氏 (株)エンファクトリー執行役員 副社長

企業

●Interview ハリカ小売店の現状と今後の方向性
 本部直営ギフトサロンの現状
 (株)ハリカ 水上誠常務に訊く

●核心インタビュー 中国進出企業が円安でどう生きのびているか
 「我が社にとって円安はむしろ“追い風”だ!」
 (株)タカハタインターナショナル社長 高畑泰久氏

●若い女性中心に発足! 新プロジェクト「アイドル」の新戦略 アイオン(株)

●エヒメイド キチジョウジ オープン
 愛媛生まれで愛媛在住のバイヤー「愛媛と東京の架け橋になる」

海外

●世界最大規模のBtoBギフト展示会
「Hong Kong Gifts&Premium Fair」レポート

商品 

●バラを使ったギフトアイテムが花盛り

 ギフト習慣              
●調査 76%の人々が年に1回以上
 「自分」を含めて「贈り物」を贈る習慣
 「誕生日」「母の日」「クリスマス」など

カタログ

●ギフトカタログニュース (株)丸辰/エスピーソース、
 岐阜産研工業(株)/ギフト&プレミアム

婚礼 

●婚礼あらかると

仏事

●最新「仏事」事情

ショー

●ビジネスガイド社主催展示会のお知らせ

2015年主要ギフト問屋の中元企画
涼感と迫力のある夏ならではの
グルメ特集で食欲と贈る意欲を刺激

 ギフト問屋各社の中元カタログが5月上旬にほぼ完成した。本誌では各問屋にアンケートを実施、5月20日以降に完成するカタログに関しては、画像データを入手して紹介している。
 掲載商品の内容は昨年に比べて大幅な変更はないのだが、新規掲載商品や、企画ページの充実が目立っている。また、表紙や誌面のデザインの充実に思わず感動するほどである。
 税込み価格表示は、1桁を基本的にゼロにしたカタログが大半で、14社中12社がこのスタイルである。

今こそ女性向けセールスプロモーション戦略に注目!
女性向け販促は市場活性化の起爆剤として大きな期待が

 プロモーション市場でも女性の購買パワーが注目されている。女性の活躍は市場活性化の点からも好ましく、消費全般にさらなる良い影響を与えるのは間違いないだろうと見られている。
 弊誌でも定期的に女性の販促ビジネスにおける大きな役割について記事を作成してきた。
 最近の女性向けブランドの傾向としては、これまで男性向け商品・サービスと思われてきた分野にも女性ユーザーを誘引しようとして、女性向け商品・サービスを開発しつつあるということがある。したがって、そのブランドの販促向けとして、女性にアピールする販促品が求められているということがある。
 実際にホームページ上では、「女性向け販促品」や「女性向けノベルティ」といったタイトルで多くの商品が紹介されている。
 ようやく、我が国のビジネスや市場において、女性の購買力や女性の果たす役割についての認識が高まってきた結果とも言えそうだ。
 また、販促各社の商品企画や開発にはここ数年、女性チームなどが積極的に登用されている。
 それら女性チームなどが企画する販促品には女性特有の「かわいい」という視点が重視されていたり、さらに色、香り、手触り・肌触りなど見た目以外の触感も重視した商品開発が行われており、女性ならではの感性に訴えるコンセプトが随所に伺えるものとなっている。
 より広い分野の商品やシステムに女性向けの企画が投入され、販促品が利用されていくとすれば、今後、ますます女性向け販促品の商品内容は豊かなものとなっていくだろう。
 当然、そこで活用される女性の感性や人材力も注目されることになる。
 そうなれば、女性向け販促は市場活性化の起爆剤としてさらに大きな期待を持たれることとなりそうだ。
 そこで今回は、先般行われた第51回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2015(PIショー)のセミナーより、「女性目線で考える『リアル店舗』への集客術」と題して女性視点の販促プランニング「ブルーデイジー」代表の河合ミチコ氏を講師としたセミナーについて注目してみた。これまでのように男性主体ではなく、女性に向けての具体的な視点やアプローチの仕方が理解できそうである。
 さらに、同じくPIショーの「女性向け販促品コンテスト」の出品商品から、一部を紹介している。
 女性向け販促ビジネスと販促品について少しでも理解が深まる企画となれば幸いである。

広告掲載社様


◆ 月刊Gift Premiumのご案内 ◆

月刊Gift Premiumは、1971年の創刊以来、ギフト・マーケットの動きや潮流を伝え続け、ギフトビジネス のプロの人たちに支持されてきました。月刊Personal Giftとの統合により編集記者の人数が増え、より洞察力のあるジャーナリステックな特集を組むことに成功。誌面を面白くする範囲が大きく広がり、“ギフト”をキーワードに流通市場の難題解決や雑貨バイヤー達のモチベーションアップについて取材。流通業者、ショップ経営者に向けて発信します。

ビジネスギフト、法人ギフト、冠婚葬祭ギフト、中元・歳暮、シーズナルギフト、そして、ハロウィンやバレンタインの最新商品、パーソナルギフトの流通・消費者のライフスタイルを伝えていきます。
 
毎月1日 発行 (100~120P)
A4国際版 (280×210mm)

購読期間 1年 2年  3年
月刊Gift Premium ¥10,000 ¥18,000 ¥27,000

※総て税・送料込みの金額となります。
※1 冊1,000円(税込)で販売致しております。

menu






fujisan.co.jp

▲クレジットカードまたはコンビニ払いをご希望の方は、富士山マガジンサービスをご利用下さい。